医療法人前橋北病院

医療法人前橋北病院ロゴ
お知らせ 職員募集 スタッフブログ 医療コラム お問い合わせ

【診療科目】

内科/呼吸器科/消化器科/
循環器科/アレルギー科/
内分泌内科/神経内科

【診療時間】

午前  9:00~12:00

午後 14:00~17:30

【休診日】

木曜午後、日曜、祝日

【面会時間】

平日 14:00~20:00

休日 11:00~20:00

プラセンタ注射

自由診療は(税込)

初回、再診どちらも1000円に
なります。

受付随時(予約なし)です。

医療コラム

ミコンビ®配合錠BP導入による血圧改善効果

医療法人 前橋北病院 薬局 山岡 和幸


はじめに

近年はARBと利尿剤、ARBとCCB、CCBとHMG-CoA還元酵素阻害薬等さまざまな配合剤が発売され、現場で使用されているが、その臨床的な効果については、報告数が少ない。経済的なメリットや服薬アドヒアランス、副作用の軽減等が考えられるが、今回、ARBと利尿剤の配合剤における血圧改善効果について、レトロスペクティブな調査を行った。

方法

当院外来患者を対象として、2009年7月から2010年6月までの1年間で、ミコンビ®配合錠BPへ既存の高血圧治療薬から変更した13名(男8名、女5名)に対して調べた。ミコンビ®配合錠BP変更前と変更後における収縮期・拡張期血圧を1ヵ月ごとに、12ヵ月調査し、統計学的検討は、対応のあるt検定(有意水準P<0.05)で行った。また、臨床検査値である総コレステロール・中性脂肪・HDL-C・AST・ALT・γ-GPT・クレアチニン・尿酸・HbA1c値についても調べた。なお、本症例報告は日本医療薬学会「医療薬学の研究発表における倫理的問題に関する指針」に準じている。

結果

患者の年齢は38歳から85歳の平均年齢70.7歳であり、ミコンビ®配合錠BP変更前の収縮期血圧が、165.8±15.8mmHg、拡張期血圧は、97.6±12.4mmHg、ミコンビ®配合錠BPに変更して12ヵ月後の収縮期血圧が、132.4±14.6mmHg、拡張期血圧は、73.8±9.1mmHgであり、有意(P<0.05)に低下していた。また、1ヵ月ごとの値もすべて有意(P<0.05)に低下していた。臨床検査値である総コレステロール・中性脂肪・HDL-C・AST・ALT・γ-GPT・クレアチニン・尿酸・HbA1c値は特に目立った変動はなかった。

考察

ミコンビ®配合錠BPの血圧改善効果の有用性が示された。今後は、症例数を増やし、前向き研究を行いたい。

▲TOP